岡谷蚕糸博物館企画展『信州の作家展 Part3 小岩井紬工房 伝統を繋ぐ 紡ぐ 織る』展が始まりました。

岡谷蚕糸博物館企画展『信州の作家展 Part3 小岩井紬工房 伝統を繋ぐ 紡ぐ 織る』が本日より始まりました。
小岩井紬工房は上田紬を代表する工房で、三代目の小岩井カリナさん・良馬さん姉弟がそれぞれの特色を活かした手織り作品を生み出しています。

虹を織るかのように色彩を自在に操るカリナさん。

伝統を受け継ぎながら、りんご染めなど信州の地域性を活かした染織を求める良馬さん。

創業以来変わらぬ手織りで上田紬を織り続けるお二人の作品は、色彩とデザインに華やかさがあり、伝統の枠を超えた魅力があります。

小岩井紬工房の世界をぜひご堪能ください。

岡谷蚕糸博物館企画展
『信州の作家展 Part3 小岩井紬工房 伝統を繋ぐ 紡ぐ 織る』
■会期:2021年11月18日(木)~2022年2月13日(日)

※会期中はギャラリートークやワークショップも予定しています。

詳しくは、岡谷蚕糸博物館公式サイトをご覧ください。

消印の中に「お蚕さま」と「生糸」が登場! 岡谷郵便局の風景印がリニューアル

岡谷市の岡谷郵便局が、日本郵政グループ150周年を迎えたことを記念して、11月1日から「風景印(風景入通信日付印)」のデザインを33年ぶりにリニューアルしました。

 

風景印(ふうけいいん)とは、その地域の名所や特産物などを描いた消印のことで、全国各地の郵便局がそれぞれ特色ある風景印を開発して使用しています。

新しいデザインには、天竜川の源泉の釜口水門から望む八ヶ岳、市花のツツジ、そしてカイコと桑の葉、繭、生糸があしらわれています。限られた消印サイズの中によくぞ入れ込んでいただきました!

岡谷は明治から昭和にかけて輸出生糸生産量で世界一を誇り、欧米から「SILK OKAYA」、国内では「糸都(しと)岡谷」と呼ばれたシルクのまち。今回、風景印にはめずらしい「SILK OKAYA」という文字も組み込まれています。

製糸業で栄えた歴史と文化を継承している岡谷では、カイコを「お蚕さま」と呼んで大切に敬っています。岡谷郵便局青木修一局長は新しい風景印にこの「お蚕さま」をぜひ組み込みたいと考え、自ら岡谷蚕糸博物館の髙林千幸館長を訪ね、本物のカイコを観察し、眼状紋(がんじょうもん)、気門(きもん)、尾角(びかく)などカイコの体の構造をできるだけ再現するようにしたそうです。

「地域の魅力発信につなげたい」との思いで、郵便局職員と岡谷市が協力し合って作ったデザイン。カイコや生糸が描かれている風景印は全国的にも非常にめずらしいものとなりました。

風景印は、岡谷郵便局の窓口でお申し出いただくと押印してくれます。郵送での押印依頼にも対応しているそうです。

季節の挨拶状や大切な人へのお手紙に、岡谷の風景を添えてみてはいかがでしょうか。ぜひご利用ください。

 

 

「岡谷シルク」まちあるき参加者募集! 

秋です!岡谷市内には、製糸関連資産(近代化産業遺産群)などの歴史スポットが沢山あります!解説付きのディープなまちあるきをしてみませんか?

◎日程・応募方法等はこちらのチラシをご覧ください。

◎岡谷のまちあるきモデルコースと『ブラおかや歴史探偵団』はこちらをご覧ください。

岡谷市観光協会「旅たびおかや」

http://www.kanko-okaya.jp/modelcourse/

【地域おこし協力隊募集】WEBマガジン「greenz」「ココロココ」掲載

Webマガジン「greenz」と 「ココロココ」で岡谷市の取り組みをご紹介いただきました。

現在、岡谷市では養蚕&産業振興プロジェクトの仲間を募集しています。
どんな活動をしているの? どんな人がいるの? どんな未来を目指しているの?
気になっている方は、ぜひ記事をご覧ください!

■greenz

「シルク愛」と「ICTの知識」で、ものづくりのまちを盛り上げる!岡谷市地域おこし協力隊の“静かな熱さ”とは

■ココロココ(移住・交流プロジェクト)

「岡谷シルク」機織り体験参加者募集!岡谷絹工房アトリエOPEN DAY開催

今年、建築から100年を迎える旧山一林組製糸事務所(国登録有形文化財)で、11月3日(祝・水)~7日(日)に岡谷絹工房アトリエOPEN DAYを開催します。

手織りのシルク製品の展示販売のほか、『建物が語る製糸の歴史』パネル展を同時開催、製糸全盛時代の写真と現在の風景を比較しながら建物見学をお楽しみいただけます。

また、シルクストールを織るワークショップも実施します。100%シルクのストールを自分の手で織ってみませんか?絹糸は草木で染めたものを使います。岡谷を代表する美味しい昼食とおやつ付き。機織りを楽しみながら、岡谷の魅力も体験していただけたらと思います。

歴史ある国登録有形文化財の中でシルクに触れる5日間。

ぜひお越しください!

   

旧山一林組製糸事務所100周年記念

『岡谷絹工房アトリエOPEN DAY』 

日時

2021年11月3日(祝・水)〜7日(日) 
9:00~16:00(最終日15:00終了)

会場

きぬのふるさと岡谷絹工房
長野県岡谷市中央町1-13-17 旧山一林組製糸事務所内(イルフプラザ平面駐車場奥)

イベント

◎『建物が語る製糸の歴史』パネル展

*11月3日(祝・水)は岡谷市生涯学習課職員による解説付き

◎「岡谷シルク」シルクストール機織り体験

開催日時11月3日(祝・水)、4日(木)、6日(土)、7日(日)
9:30~16:30
募集人数各日2名
料金10,000円(税込)昼食とおやつ付き
応募方法希望日(第2希望まで)・氏名・住所・電話番号・メールアドレスを明記の上、
下記宛先までメールにてご応募ください。(先着順)
brand@city.okaya.lg.jp
応募締切10月25日(月)
お問合せ岡谷市ブランド推進室
TEL: 0266-23-3489 ※ 水曜休

◎ 岡谷絹工房「織と染」作品展示販売

手織りマフラー、草木染めのストールや絹小物など絹工房会員による作品展示販売。

お問い合わせ

岡谷絹工房 TEL: 0266-24-2245 
※開館日:火・土・日 9:00~16:00

【地域おこし協力隊募集のお知らせ】

「岡谷シルク」のブランド化を進めている岡谷市が、あらたに地域おこし協力隊を募集しています。

2019年4月、岡谷市は地域おこし協力隊2名を迎え、養蚕から生糸生産、製品化など、新たなシルク文化の創出につなげる取り組みを行ってきました。この活動をさらに発展させるため、後任となる隊員を募集します。

「岡谷シルク」は、シルクで“ものづくり”と“人づくり”を行っていきます。

ものづくりでは、オール岡谷産シルク製品の開発を進めています。

その根幹となるのは、良質な繭づくりです。

丹精込めて育てた桑から良質な葉をお蚕様に与え、そこから白く輝く繭ができ、良質な生糸や織物、絹製品が生まれます。

ブランド化を進めていくために私たちが大切に考えている養蚕に興味を持ち、担ってくださる方を求めています。

また、岡谷の歴史と文化を活かした教育事業や体験プログラムの活動にも関わっていただきながら、岡谷でしかできない価値・魅力を発信していただきたいと考えています。

養蚕、製糸、製品化まで一貫して体験できる岡谷市で、新しいシルク文化が生まれるまちづくりを一緒にがんばってくださる方、ぜひご応募お待ちしております!

現役地域おこし協力隊員の活動や岡谷市のことがよく分かる取材記事などを順次公開していきますので、「岡谷シルク」Facebook、Instagramもぜひフォローをお願いいたします!

また、今回はデジタル技術を活かした新たな人の流れ/ビジネスマッチングの創出など、行政と一緒に産業振興に関わる仕事をしてくださる方もあらたに募集いたします。

詳しい業務内容や募集要項は、岡谷市ホームページをご覧ください。

https://www.city.okaya.lg.jp/technoplazaokaya/kogyoshinkoshisaku/event/19418.html

「岡谷シルク」公式ブランドサイトOPEN!

「岡谷シルク」は、養蚕から製糸、製品化まで、オール岡谷産シルクの開発と新たなシルク文化の創造を目指し、ブランド化を進めています。

シルクを活用した教育プログラム、体験プログラム、アーティスト・イン・レジデンス、製品開発など、様々なことにチャレンジしていきます。

このブランドサイトでは、「岡谷シルク」の活動や情報を、まちの歴史、文化、人の魅力とともに地域の人にも地域外の人にも総合的にわかりやすく伝えていきます。

シルクのこと、岡谷市のことに興味を持っていただけたら嬉しいです。

これから始まる長い旅を、応援してくださるみなさまと共に。

どうぞ宜しくお願い申し上げます。

   

■「岡谷シルク」に関するお問合せ

岡谷市ブランド推進室

TEL: 0266-23-3489

Mail: brand@city.okaya.lg.jp

「岡谷シルク」Facebook、Instagramからもお問合せいただけます。