岡谷シルク
SILK OKAYAの歴史
シルクと教育
シルクで頑張る人
オール岡谷産シルク
岡谷シルク
SILK OKAYAの歴史
シルクと教育
シルクで頑張る人
オール岡谷産シルク
新しいシルク文化が生まれるまちへ 新しいシルク文化が生まれるまちへ

信州・岡谷は日本のほぼ真ん中にある諏訪湖のほとりにあります。
明治から大正、昭和にかけて日本の製糸業の中心地でした。
生糸の輸出を通して日本の近代化を支えた歴史を持ちます。
最高品質の生糸とそれを生み出す技術は国内外で高く評価され、
欧米では「SILK OKAYA」、国内では「糸都(しと)岡谷」と呼ばれ、
その名は世界に響き渡りました。
美しい生糸とそれを生み出す技術は精密機械工業に引き継がれ、
現在も「ものづくりのまち」として知られています。

岡谷にとってシルクは、まちの歴史と文化そのもの。
いま、養蚕から製糸、製品化までオール岡谷産のシルク製品の開発と
新しいシルク文化の創造を目指し、
「岡谷シルク」のブランド化を進めています。

信州・岡谷は日本のほぼ真ん中にある諏訪湖のほとりにあります。
明治から大正、昭和にかけて日本の製糸業の中心地でした。
生糸の輸出を通して日本の近代化を支えた歴史を持ちます。
最高品質の生糸とそれを生み出す技術は国内外で高く評価され、欧米では「SILK OKAYA」、国内では「糸都(しと)岡谷」と呼ばれ、その名は世界に響き渡りました。
美しい生糸とそれを生み出す技術は精密機械工業に引き継がれ、現在も「ものづくりのまち」として知られています。

岡谷にとってシルクは、まちの歴史と文化そのもの。
いま、養蚕から製糸、製品化までオール岡谷産のシルク製品の開発と新しいシルク文化の創造を目指し、「岡谷シルク」のブランド化を進めています。

NEWS お知らせ

2021.08.02
地域おこし協力隊募集のお知らせ

2021.04.20
祝100周年「建物が語る製糸の歴史」パネル展開催

2021.04.16
「第25回シルクフェア in おかや」中止のお知らせ